ビギナー筋トレナビ、ゼロからマッスルへ

 

ビギナー筋トレナビではゼロからマッスルになる方法をわかりやすく解説していきます。

 

これまで筋トレをしようと思っていろんあ方法で筋トレをした事があるという人も多いと思います。

 

 

ですが、実際に筋トレをやって自分が思ったように筋肉が付いたという人は少ないと思います。それはどうしてかというと、多くの方は間違った筋トレの仕方をしているからです。では、実際にどういう風に間違っているのかというとそれはせっかく苦労して筋トレをしていても効果的に筋肉が付くように筋トレをしていないというのがあります。

 

 

では、実際にどういう風に筋トレをすれば良いのかというとそれには筋肉が付きやすいように筋トレをする必要があります。具体的にはまず無駄な動きをしない事です。よく、間違った筋トレとしてあるのが腹筋運動です。多くの方は単純に寝て起き上がるという動作を繰り返す事だけやって全然筋肉が付かないような筋トレをしています。

 

 

これをやっても全然思ったように筋肉は付きません。本気で腹筋をやって筋肉を付けたいと思うならお腹をよじってもっとお腹に筋肉が付くような動きをしないとダメです。そうしないといくら腹筋運動をやっても全く思ったように筋肉が付きません。また、筋トレそのもの以外にも注意する点があります。

 

 

それは筋トレをしながら一緒に筋肉増強サプリやプロテインも一緒に摂取するという点です。意外と多くの人がこの点を甘く考えていて筋トレは単純に筋肉を鍛える運動をしていれば良いと思っている人がいます。ですが、それではダメです。それでは自分が思っているような理想的な筋肉の付き方はできません。

 

 

いくら筋トレだけやっても思ったように綺麗に筋肉は付きません。重要なのは筋トレをしながら一緒に筋肉増強サプリやプロテインを一緒に摂取する事です。それで多くの方は正しい筋トレをやってさらに筋肉増強サプリやプロテインを飲んで良かったと感じると思います。それで理想的な筋肉の付き方が可能になります。逆に言うと単純に筋トレだけやっても全然筋肉が上手く付かないです。

 

 

筋トレする際に大切な栄養素とは?

 

 

筋肉とはただ負荷をかけるだけでつくものではありません。

 

 

トレーニングによって筋肉が傷つき、身体はそれを修復するのですが、その際に身体は修復のための材料となる栄養素を使って筋肉を治します。つまり、十分な栄養の補給が行われていなければ、それは筋トレではなくただ筋肉を痛めつけているだけで、何の効果もないというわけです。

 

 

反対に、十分な栄養の補給が行われた後に筋トレを行えば、筋肉の修復に上乗せされて新たな筋肉がつくようになるため、効率よくトレーニングに励むことが出来ます。しかしながら、栄養の補給と言っても、具体的にどのような栄養を食事から摂取すれば良いのでしょうか。

 

 

それでは、どのような栄養素が筋トレには必要なのかについて詳しく見ていきましょう。まず見ておきたいものが、筋トレする方には必須と言われるほど代表的な栄養素であるたんぱく質です。これは非常に有名な栄養素で、プロアスリートもたんぱく質の摂取量を調整しながらトレーニングを積んでいますから、それほどまでに重要だということがわかるでしょう。

 

 

英名ではプロテインとも呼ばれるもので、こちらの名で呼ばれるとピンとくる方も多いのではないでしょうか。店頭で販売されているプロテインとは、たんぱく質を簡単に補給できるように作られたものなのです。このたんぱく質が筋トレにおいて重要と言われる理由は、直接筋肉となる栄養素だからです。人体は水分に次いでたんぱく質の割合が多く、皮膚も筋肉もたんぱく質で出来ています。

 

 

これが不足すると、筋トレを行っても十分に筋肉がつかないどころか、負荷による怪我の原因ともなるため非常に重要とされているのです。しかし、たんぱく質だけ摂取していれば良いのかというと、実はそうではなく、他にも摂取すべき栄養素はあります。例えば糖質などはエネルギー源として知られていますが、こちらも筋トレをするにあたって必要不可欠な栄養素の一つです。

 

 

筋肉に負荷をかけてトレーニングを行おうにも、負荷をかけるためのエネルギーがなければ始まりません。十分に力を発揮するためには糖質というエネルギー源は必要不可欠であり、効率的な筋トレを可能にします。そして忘れてはならない栄養素がビタミンB群についてです。実はたんぱく質はビタミンB群の助けがなくては分解して吸収することができません。最も基礎的な部分の栄養素ですので、特に長期的な筋トレをする際は摂取を忘れないよう心がけましょう。

 

 

メタルマッスルHMBの口コミと効果を検証した結果